映画『タワーリング・インフェリノ』/超高層ビルに火の手の猛威が襲いかかる!

映画

先日大きな地震がありましたね。

そういう経緯もあって、ぼくは災害関係の映画を観たくなりました。

超高層ビルの火災によって、混乱する人々の様子を描いたパニック映画「タワーリング・インフェリノ」。ビル火災によって閉じ込められた人々による、極限状態での脱出劇が非常にリアルでした。

今回は本作品に興味がある人向けに、映画「タワーリング・インフェリノ」のあらすじや観た感想を書いていきたいと思います。

映画「タワーリング・インフェリノ」の概要と主なキャスト

映画「タワーリング・インフェルノ」は1974年に公開された作品で、上映時間は165分。ジャンルはパニック映画になっています。

本作は、サンフランシスコの超高層ビル火災の混乱を克明に描いています。スティーブ・マックイーンとポール・ニューマンがダブル主演をしています。

二人ともイケメン俳優で、男性のぼくが観ていても惚れ惚れするほど。豪華俳優の共演を見られるだけで、ワクワクする作品でした。

その他にもウィリアム・ホールデン、フェナ・ダナウェイなど豪華な脇役が出演しており、見事アカデミー賞三部門を受賞しました。

主なキャストとして

  • マイケル・オハラハン(スティーブ・マックイーン)…本作品の主人公の一人で、消防隊のチーフを務める。
  • ダグ・ロバーツ(ポール・ニューマン)…オハラハンと並ぶ本作の主人公。グラスタワーの設計者
  • ジェームズ・ダンカン(ウィリアム・ホールデン)グラスタワーのオーナー
  • スーザン・フランクリン(フェイ・ダナウェイ)ダグの婚約者で、出版社に勤務している。

が挙げられています。

映画「タワーリング・インフェリノ」のあらすじ

ここから、映画「タワーリング・インフェリノ」のあらすじを紹介していきます。

①ヒューズが発火し火事が発生

サンフランシスコに、地上138階建ての超高層ビル(グラスタワー)が建つ。落成式の日を迎え、オーナーのダンカンや設計者のロバーツをはじめ、関係者や来賓を招いてのパーティーが開かれた。

だがその頃。ビルのある所で小さな火災が発生する。地下室の発電機の不具合で予備の発電機を作動させたところ、ヒューズが発火しマットへ引火したのだった。

ロバーツは知らせを受け、設計通りに配線が行われていないことに怒る。ホテル側は、経費削減のため、見た目には分からない箇所の予算をケチっていたのだ。

②ダンカンは助言を無視してパーティを強行

ロバーツは、安全のためにパーティを中止するように言うが、ダンカンは無視してパーティを強行。何も知らない招待客たちは危険に巻き込まれることになる。

火元の81階で火は燃え上がっていった。80階まではオフィスだが、すでに人が住み始めていた。住人達は火災に気づかないも、すでに死者が出始めていた。

パーティが開かれているのは135階のプロムナード・ホール

ロバーツは再度招待客300人を避難させるように言うが、はるか下の階の火災が135階まで影響するとは全く考えないダンカンはまだ聞き入れない。

③消防隊が到着して救護を試みるも…

消防隊がやっと到着した。ダンカンは消防隊の呼びかけでやっとパーティを中断して避難することを受け入れる。

消防隊は、室内エレベーターを使うと火災の階を通り、焼けてしまう恐れがあるため展望エレベーターを使用するように忠告する。が、その時すでに室内エレベーターに客を乗せた後だった。

エレベーターが戻ってくると、丸焦げになった焼死体がエレベーターに乗っていた。客はここでやっと危機感を覚え、パニックに陥る。

消防隊長オハラハンは、海軍にも援助を要請するが、強風でビルに近づくことができない。なんとかビルに近づけたヘリコプターもビルに激突して炎上してしまう。

オハラハンは隣のビルから救護籠を使って救助することにする。

先に避難する女性は無事地上に下ろせた。

しかし次の男性の番になり、順番を無視して助かろうとする設計責任者が先に乗り込む。必死でそれを止めようとする人々が籠にしがみつくが、ワイヤーが切れてしまい、そのまま地上まで落下する。

④給水タンクを爆破して危機を脱する

その間にも火の手が次々と他の階に燃え移って、犠牲者が増えるばかり。ビルの全焼は時間の問題だった。

オハラハンは消防署長から「屋上の貯水槽を爆破して消火する。」という作戦を耳にする。人命を落とす危険な作戦だと思ったが、多数の人間を助けるには他に方法がない。

オハラハンは、設計者であるロバーツと協力して屋上へ向かう。

屋上で爆弾を仕掛け、最上階の給水タンクを見事爆破。100万ガロンの濁流が一気に流れ出し、その勢いで多くの人ががれきと共に流されたが、無事に火は消された。

その結果、犠牲者を200人以下に食い止めることができたのだった。

3.映画「タワーリング・インフェリノ」でビル火災の恐ろしさを痛感する

この映画では、ビル火災の恐ろしさをリアリティ溢れる映像で伝えてきます。

超高層ビルの設計ミスには、ダンカンの慢心さが見え隠れしていました。スプリンクラーの機能不全、防火ダンバーがなかったのも大惨事の原因の1つとして考えられます。

オハラハンが最後にロバーツに放ったセリフ「今にこんなビルで1万人の死者が出るぞ。安全なビルの建て方を聞かれるまで。」と言う言葉が胸に刺さりました。

映画「タワーリング・インフェリノ」のビル火災のシーンは迫力満点!

いかがでしたか。

映画「タワーリング・インフェルノ」のあらすじや観て感じたことを書いてきました。

パニック映画の名作とも呼ばれており、ビル火災で人々に火の手の猛威が襲いかかる様子が克明に描かれています。

ビル火災のシーンが迫力満点で、目が離せない展開になっています。

本作品に興味がある方は、ぜひ観てみて下さい。

コメント

PAGE TOP