トイプードルが意外に静かな犬で癒された

癒し

今年のお盆休みは、一日だけ実家に帰省しました。

そこで、遠くからはるばる帰省した兄夫婦が飼っているトイプードル「チョコ」に初めて会う機会に恵まれました。

コロナで何年も会う機会がなかったので、チョコはどんな犬かなと楽しみにしていました。

今回は、これからトイプードルを飼ってみたいという人のために、実際にトイプードルと触れ合ってみた感想を書いていきたいと思います。

1.プードルってどんな犬?

そもそもプードルとは、どういった犬種なのでしょうか?

プードルは、水中回収犬、鳥獣猟犬や愛玩犬(ペット)として飼育される犬種。

古くからヨーロッパで広く知られ、特にフランスでの人気が高く、「フレンチ・プードル」と呼称されることもある。毛色はホワイト・ブラック・グレー・レッドを代表に、ブラウン・シルバー・アプリコットなど様々なものがある。また国際畜犬連盟の定めによれば、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類される。

飼いやすさ知能の高さで全犬種人気ランキングで不動の1位を獲得している。

wikipediaより引用

プードルは可愛いだけでなく、頭も良いのは意外ですね☆

2.トイプードルは基本穏やかで静かだった

兄夫婦が連れてきたトイプードル「チョコ」は、現在3歳。性格は基本穏やかなので、滅多めったに吠えません。

わりと初対面でもなつくし、エサを与えたら素直に食べるし、身体をいじってみても特に反抗してきませんでした。これほど静かで穏やかな犬は、中々見たことがありません。

ただ飼い主がいなくなると、途端にパニックになってドアを引っ掻いたり、キャンキャン鳴くことがしばしばありました。

それでも、日頃から犬に吠えられるぼくからすると、ずいぶん穏やかな方です。

3.チョコは夏バテで疲れていた様子

チョコは長旅の疲れがたまっていたせいか、ドッグフードもろくに食べずゴロンと横になっていました。

気持ちがスゴク分かる…。

仕事が終わった時は、ぼくもこんな感じになってしまうことがあります。横になる仕草も、ぬいぐるみのようで癒されます。

トイプードルが、犬種のランキングで不動の人気1位なのも分かるような気がします。

4.トイプードルを飼うには経費がかかる

ただトイプードルに限りませんが、ペットを飼うにはお金が少なからずかかりますね。

毎月のドッグフードや野菜・果物の食費に加え、美容院でトリマーに髪をカットしてもらう機会が定期的にあります。

また生活環境を整えるためには、ペット用のゲージを使うのも便利です。旅行には必須なアイテムですね☆

このように、トイプードルはそれなりの費用がかかるものの、それを補って余りある癒やし効果・可愛らしさがありました。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、実際にトイプードルと触れ合ってみた感想を書きました。トイプードルは犬ですが、いわゆる吠えるだったり噛みつくといったイメージとは程遠い動物でした。

これほど静かでお利口さんな犬だったら、ぼくも飼えるかもしれません。

トイプードルに興味があるという方は、ぜひ一度飼ってみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログへ

Follow me!

コメント

PAGE TOP